プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

丸の内の中国料理・煌蘭で営業主任として勤務しております。この場をかりて弊店の魅力をより皆さんにお伝えできればと思います。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2008年2月22日 (金)

魅惑の苺スイーツ

 【タピオカ入り苺ミルクと季節の果実 飴の糸添え】


 まだまだ寒さ続く毎日ですが、コースは季節先取り。春を感じるコースになっています。

 中でも料理人おまかせコース【煌<ファン>】のデザートは春香るような素敵なデザートに出会えます。

 大粒のタピオカが料理人特製のイチゴミルクに入った、何とも魅惑的なデザート!!皿をキャンパスに、季節のフルーツと飴細工を飾った見た目にも、食べても美味しいスイーツです!!

 やはり女性にも大好評頂いてます。中にはどうしても苺ミルクのレシピを教えてほしいなんてお客様もいらっしゃいましたね。(何でもバレンタインの贈り物に作るとか…)


 果実と甘味の甘い誘惑を、皆さんもお楽しみにいらっしゃいませんか?


 ※単品でのご提供はしておりません。コース【煌<ファン>】をご予約くださいませ。→http://r.gnavi.co.jp/a242300/menu7.htm

2008年2月18日 (月)

鳳凰も文字も食べ物です。

これ、【前菜】なんです。

(僕の知人が、彼のお父さんの還暦のお祝いを当店でご利用の際にご提供させていただきました。)

 鳳凰の形をしているのは、鶏肉や、野菜、海鮮のすり身を均等に切りそろえ並べて作ってあるんです。頭の先から、尾っぽの終わりまで全て食べられるんですね。

【鳳凰拼盆】(ホウオウピンパン)と呼びます。名前は、時々、作った料理人がつけますが大体を総称して呼びます。この画像は「還暦のお祝い」でしたから、【祝】の文字がニンジンで彫ってありますね。

 前日の夜遅くまでかけて作ってもらいました。若い料理人もさずがに真剣な眼差しで製作過程を見させてもらってましたね。実にいい経験です。

 今でこそ、なかなか見る機会が減ってきている【鳳凰拼盆】ですが、こういう伝統技術はしっかりと継承していかなければいけませんね。

 もし、【鳳凰拼盆】を食べてみたい!! って思うお客様がいらしたら、電話でご相談ください。

2008年2月16日 (土)

黒酢球?

 こんなの初めて見ました。

 当店自慢の料理人オリジナルの中国料理です。

 白湯(パイタン…鶏がらスープを煮詰めてコクと旨みを凝縮させた中華スープ)とタラバ蟹を使ったスープにフカヒレと黒酢球を溶かしながら召し上がって頂くスープです。

 まず、レンゲに乗せたるは、たっぷりのフカヒレ。こうやって改めて添えてあるとフカヒレの貴重さに気づかされます。そして何よりも気になるのは、黒く光る球。

 黒酢球です。

 国産純玄米黒酢(ミツカンナカノス)と老醤油(中国たまり醤油)、中華スープを絶妙な分量で固めてあるんです。分量が多くても、少なくても、このスープは完成しません。料理人の経験と感性あってこそ出来る業ですね。
 フカヒレのコラーゲン、黒酢のアミノ酸もいいとこ取りで健康と美容にも一役かいます!!

 実は、某テレビ局にも取材されたんです。(一瞬でしたけど…。)

 ということで、このスープは期間限定でメニューに載せています!!
 平日のディナータイムのみのご用意です。よかったら是非お召し上がりを!!

煌蘭 丸の内店 のサービス一覧

煌蘭 丸の内店